FC2ブログ

島根県浜田市にある教会です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
あなたがたのうちに羊を百匹持っている人がいて、
そのうちの一匹をなくしたら、
その人は九十九匹を野原に残して、
いなくなった一匹を見つけるまで捜し歩かないでしょうか。

     ルカの福音書15章4節

若葉の美しい季節になりました。
この季節、草花が咲き乱れ自然界は命に溢れています。
私達も寒かった冬を越し、
何か希望に心が躍る季節を迎えているのではないでしょうか。

何時も浜田教会のホームページをみて下さり感謝しています。

私達の教会は5月の24日(土)、25日(日)に
春の特別集会を計画しています。

今回は福井教会の中川由一先生を
お迎えしての特別集会です。

中川先生は私と郷里が同じ、姫路で、
教会も同じ姫路のインマヌエル教会出身です。
明るく、面白く、福音を語って下さるので
是非、あなたもお出で下さい。

イエス様はルカの福音書の中で
一匹の羊の例え話をされました。
一匹の羊というのは神から離れてしまっている人を表しています。

そんな一匹の羊をさがすために羊飼いは
九十九匹を野原に残したまま探し続けます。
しかも決して見つけるまで諦めないと言われているのです。


今の時代、ガソリンや物価は上がったと言いながらも
食べるものに困っている人はいません。
日本は豊かになり、生活も便利になっているのです。

それではそれに伴って
人は幸福になっているかと言えば
決してそうではないと思います。

昨今の殺人事件、硫化水素による自殺の連鎖、
私達の近隣でも自殺をした人の事をよく聞きます。
それ程、住みにくく、生きていくのが難しくなってきているのです。

悩み苦しんでいる人が何と沢山いることでしょうか。

群れから離れて迷い出て、
傷ついている一匹の羊になっている人々は
私達の周りに沢山おられるのです。
でもその人達は神様の処に、教会には来られません。

どうして亡くなる前に来て下さらなかったのか。

悔しい気持ちになります。

教会のことをご存知なかったのかも知れません。
知っていても、教会は何か堅苦しい、束縛される気がして
行きたくない、と考えておられたのかもしれないですね。
いずれにしても一人の人が教会に来て、
神を信じて生きるようになる(救われる)のは簡単なことではないですね。


浜田教会も特別集会をして
何時も思う事はそれでも人はなかなか
教会に来ないということです。

でも羊飼いは一匹を見つけるまで
探し続けたのです。

私もかつては神から離れて傷ついて
道も分らなくなっていた羊でした。
でも諦めないで捜し続けてくれた人がいたのです。

同じように今も道に迷い、傷ついている
一匹の羊となっている人がおられます。
諦めないで捜し続けたいのです。

特別集会にお出で下さい。

集会に多くの方々が来られるように祈って下さい。

      インマヌエル浜田教会 牧師 山本 剛
スポンサーサイト
2008.05.13 / Top↑
春の特別集会-インマヌエル浜田キリスト教会にて-
2008.05.07 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。