FC2ブログ

島根県浜田市にある教会です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


すべての人との平和を追い求め、

また、きよめられることを追い求めなさい。

聖くなければだれも主を見ることができません」


      ヘブル人への手紙12章14節




日曜日にクリスチャン達は礼拝のために教会に行きます。

何のために行っているのだろうか。

日曜日だから、礼拝があるから、程度の理由で、

もしかして行っている人もいるかも分かりません。

でもクリスチャン達が日曜日、教会に行っているのは

「きよい生活をするために、きよい生涯を送るため、

きよい心の持ち主になるためである。」

と言っても良いと思います。

キリスト教というのはそんな宗教です。

でもどうしてそんなキリスト教が日本には広がって行かないのでしょうか。

キリスト教が日本に伝えられてからカトリックは

460年、プロテスタントは150年も経っています。

それなのに日本のクリスチャン人口は1パーセントも満たされていません。

日本は世界中で最もキリスト教を伝えるのが難しい国の一つです。

神道、仏教が日本には根付いているということもあるでしょう。

でも理由はそれだけでは無いように思います。

一つは罪の問題です。

キリスト教は罪からの救いを伝えます。

ところが日本人である私達は自分が罪人であることを

認めたくないのです。

自分の内側はそのままで外側だけの信仰、

ご利益信仰でいいのです。

だから日本人にはキリスト教が合わないのかも知れません。

もう一つの理由はキリスト教は知っているけれど

キリスト教に生きていないクリスチャンが多すぎる

ということではないでしょうか。

福音は知っているけれど福音に生きているクリスチャンが少ないのです。

信仰のゆえに、愛ときよさに溢れたクリスチャンが

少ないというのが理由ではないかと思います。

今年で第10回になりますが私たちの教会で

7月20日に石見聖会があります。

島根県の石見地方にリバイバル(信仰復興)が興ることを願って始められました。

聖会で語られる中心のメッセージは

「人はきよく生きる」であります。

クリスチャンの一人ひとりが福音に生きる者になり、

きよく生きる者になっていく時、日本の国は変わって行くだろうと思います。

クリスチャンであるお互いがもっときよめを求め、福音に生きる者になりたいですね。




スポンサーサイト
2009.07.23 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。