FC2ブログ

島根県浜田市にある教会です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「わたしは正しい人を招くためではなく、
罪人を招いて悔い改めさせるために来たのです。」

ルカの福音書5章32節



2012年、新しい年が明けました。皆様にとって幸いな年でありますように
祈らせて頂きます。
世界も日本も取り巻く環境は大きく様変わりしてきている昨今、
変り行くものに目を留めるのではなく、変り給わないお方にこそ
目を留めて進んで行きたいものです。
 
近頃、よく「ミッション」という言葉を耳にします。
「使命」という意味で使われています。
教会の使命それは福音を世に伝え証をすることにあります。
今年も私達は教会の使命を果たしたいと願っています。
それではクリスマスの日に生まれて下さったイエスさまの使命は
なんだったのでしょうか。
上記の聖書の言葉の中でイエスさまは2つの事を言われました。
 
1.罪人を招くこと

イエス様は「わたしは正しい人を招くためではなく罪人を招くために来た」と
仰っています。
神の目からみると全ての人が罪人で正しい人はいないのですが、
ここで言われている罪人とは自分の罪に気付き、
その罪に悲しんでいる人のことです。イエスさまは罪に気付いてない、
罪に悲しんでいない人を招く事は出来ないのです。
あるご夫婦がいました。ご主人の裏切りが発覚してしまいました。
奥さんは毎日そのことで主人を攻め続けました。
ある時、奥さんは友達にその事を相談しました。
友達は「ご主人が可哀想だ」と言ったのです。
その言葉に奥さんはどうして自分に同情してくれないのかと
不満に思ったそうですが、その人が教会に行っていると聞いて
自分も教会に行きたいと考えました。
暫く教会に通っているうちに酷く主人を攻めている自分こそが
罪人であることに気付いたのです。
イエスさまが招いておられる罪人とはそんな人のことです。
私達は誰かのせいにしている間は本当の解決にはならないのです。

2.悔い改めさせること

イエスさまは「悔い改めさせるために来た」と仰いました。
悔い改めるというのは「心を変える」という意味があります。
方向を変えて神に向かって生きる者になることです。
その奥さんは教会に通っているうちに自分が罪人であることが判り
罪を悔い改めてイエスさまを信じて生きるようになりました。
方向変えて神に向かって生き始めたのです。
彼女は夜仕事から帰って来た主人に攻め続けたことを謝ったのです。
勿論ご主人も奥さんに謝りました。
その家庭に本当の平和がやって来ました。

イエスさまはあなたも招いておられるのです。

そのことに気付かれていますか。
イエスさまは「罪人を招いて悔い改めさせる」ために来られたのです。
これがイエスさまのミッションでした。
 
今年も私達の教会はこの使命を果たしたいと願っています。

スポンサーサイト
2012.01.18 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。